河田外科脳神経外科PC版で閲覧する

「ぬくもりは我が家のように」を合言葉に、「病気」を診るだけではなくふれあいを心がけ、
居心地の良い環境を提供し続けたいと願っています。
特に「河田外科脳神経外科医院」では認知症、脳卒中後遺症を中心に外来診療を行い、禁煙外来、睡眠外来、頭痛外来など日常に支障の出る困った症状にも柔軟に対応いたします。

ご挨拶

「病気」を診るだけではなくふれあいを心がけ、 居心地の良い環境を提供し続けたいと願っています
院長 河田 實夫 副院長 河田 泰実
・認定産業医
・認定スポーツ医
・脳神経外科学会 専門医
・脳卒中学会 専門医
経歴
昭和40年3月
広島大学医学部医学科卒業
昭和40年4月
市立八幡浜病院にてインターン開始
昭和41年3月
市立八幡浜病院にてインターン終了
昭和41年4月
医師国家試験合格
昭和41年4月
広島大学第二外科副手
昭和44年4月
広島大学第二外科助手
昭和46年4月
松山赤十字病院脳外科副部長
昭和50年1月
河田外科脳神経外科医院開業
 
経歴
平成7年3月
愛媛大学医学部卒業
平成8年6月
愛媛県立中央病院脳神経外科勤務
平成15年4月
済生会松山病院脳神経外科勤務
平成17年4月
河田外科脳神経外科医院勤務
現在院長

リニューアルに伴い、頭痛や頭痛に伴う症状に悩む方の相談受付を始めています。
頭痛はまずは原因を突き止めることが大切ですから、お気軽に相談いただけたらと思います。
症状に沿った治療を早期に行う事が、悩みの軽減につながるのではないでしょうか。
また、併設施設にグループホームやディケア、在宅サービスがあり、連携施設に介護付有料老人ホームやシニアマンションがあるなど、介護サービスにも力を入れています。
ページトップ

診療案内

開放型MRI装置やCT装置が設置され、検査が可能です。頭痛や頭痛に伴うめまいやしびれといった症状にお悩みの方は気軽にご相談ください。
また、骨粗しょう症の検査や動脈硬化の検査も随時行っております。

ものわすれ外来

ものわすれは「おとしととものものわすれ」と「認知症の初期の症状」の鑑別が必要です。
認知症サポート医でもあり、その診断をCT、MRIや認知症テストにておこないます。
認知症にもさまざまな原因があり、それに沿った治療法を検討していきます。

頭痛外来

頭痛にはさまざまな原因があります。おおきく一次性頭痛と二次性頭痛にわけられます。
二次性頭痛は脳のなかに腫瘍があったり、出血したり、脳炎などで脳が腫れたりすることでおこって
くるもので、ときに緊急を要する場合があります。

脳卒中外来

脳卒中は脳の血管が詰まったり、裂けたりすることにより起こる病気です。
当院ではCTやMRIをもちいて脳卒中の診断、およびその後の再発予防に取り組んでいます。

睡眠外来

当院では不眠症、むずむず脚症候群などの薬物療法にくわえ、睡眠時無呼吸症候群の診断および治療もおこなっています。

禁煙外来

禁煙外来での治療はニコチンを断つことです。
自分では頑張ってみたけど禁煙がながく続かない、結局元の木阿弥になってしまったという方、一度おくすりを使った禁煙治療をトライしてみませんか。
ページトップ

診療時間

平 日:午前9:00〜12:00 午後2:00〜6:00
土曜日:午前9:00〜12:00 午後休診
日曜・祝祭日休診
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00
 ※平日午後に、頭痛の悩み相談や診療を受付(予約可・急を要する場合は午前も可)




医療法人創実会 〒791-8021 松山市六軒家町3-19

Copyright(C)Soujitsukai.All Rights Reserved.[PC版]