ほの家通信 2020年12月号

12月の行事

令和2年12月発行 デイケアほの家

絵馬づくり

お正月に向けてみなさんが手作りの「絵馬」を作りました(#^^#)
来月の「ほの家通信」を乞うご期待です!

お誕生会

お誕生会は「屁こき嫁」の劇とトーンチャイム・・・等々を披露してくれました。

お誕生会

最後にはサンタさんもほの家に来てくれました!みなさんの笑顔がたくさん見れました

リハビリ講座  第9回 「冬に心疾患が増える」

お正月が過ぎた頃、増えてくる疾患があります。
それが、心筋梗塞や狭心症などの「心疾患」です。この季節は、お風呂で心筋梗塞で倒れたという話もよく聞かれます。
また、心房細動などの心臓病を原因とするタイプの脳梗塞が増えてくるのも、この季節です。
今回は、心疾患の増える理由や、生活の中での注意点をご紹介したいと思います。

虚血性心疾患について
心筋梗塞や狭心症という病気は、総称して「虚血性心疾患」と言われます。
これは、心臓を動かす筋肉に血液を送っている動脈(冠動脈)が、詰まったり細くなったりしていることで、心臓を動かす筋肉に障害が出る事で起こる病気です。

虚血性心疾患が冬場に多くなる理由
もともと、冬場は気温が下がるため、血管が収縮して血圧が高くなります。その上、温かい室内から急に外出したり、寒い浴室へ移動するなど、温度差の激しい場所を行き来すると、さらに血圧を上昇させる原因となります。

血圧が高い状態は、心臓への負担が大きい状態です。普段に比べ負荷がかかっている分、心臓は普段よりも多くの酸素を必要とします。

しかし、血管が収縮しているので、血液の流れが悪く、酸素が心臓に十分に行き渡りません。その結果、虚血性心疾患を引き起こしてしまうのです。

冬場の虚血性心疾患を予防するために
 ①冬場は脱衣室と浴室を暖かくしておく。
浴室床にすのこや断熱マットを敷くのも有効です。入浴前に浴槽の蓋を開けておくと、浴室全体が温められます。
②風呂の温度は38~40度と低めに設定。熱い湯(42?43度)は血圧が高くなり危険です。
③入浴時間は短めに。
④入浴前後にコップ一杯の水分を補給する。
⑤高齢者や心臓病の方が入浴中は、家族が声をかけチェック。
⑥入浴前にアルコールは飲まない。
⑦収縮期血圧が180mmHg以上または拡張期血圧が110mmHg以上ある場合は入浴を控える。
⑧早朝起床時はコップ一杯の水を補給する。睡眠時の発汗で血液が濃縮しています。
⑨寒い野外に出る時は、防寒着、マフラー、帽子、手袋などを着用し、寒さを調整しましょう。
⑩タバコを吸う方は禁煙をしましょう。

関連記事

  1. ほの家通信 2021年1月号

  2. ほの家通信 2020年3月号

  3. ほの家通信 2018年8月号

  4. ほの家通信 2019年10月号

  5. ほの家通信 2020年8月号

  6. ほの家通信 2018年3月号