専門外来

睡眠外来

不眠症、むずむず脚症候群などの薬物療法、 睡眠時無呼吸症候群の診断および治療も。

睡眠外来について

当院では不眠症、むずむず脚症候群などの薬物療法にくわえ、睡眠時無呼吸症候群の診断および治療もおこなっています。

睡眠時無呼吸症候群

1.診断
睡眠時10秒以上息がとまっている状態が1時間のあいだに5回以上、または7時間のあいだに30回以上ある状態をいいます。

2.原因
肥満、飲酒、扁桃肥大、下あごが小さい、加齢、睡眠薬などです。

3.症状
睡眠時無呼吸、いびき。覚醒時頭重感、ねむけ、集中力低下、抑うつ

4.合併症
高血圧、脳卒中、心筋梗塞、眠気による交通事故

5.検査
眠気を評価するエスワープ眠気尺度(ESS)で問診したうえで、自宅でできる簡易検査)をおこないます。それで治療開始する場合もありますが、治療の適応あるかはっきりしないときは一泊入院で脳波を含めた精密検査(ポリグラフ検査)が必要な場合もあります。

6.治療
減量、扁桃手術、鼻マスクによる持続陽圧呼吸療法(CPAP)、マウスピース装着などがあります。

当院では随時睡眠障害のご相談に対応します。
いつでもお気軽に電話(089)924-1590か、当サイトメールフォームよりご相談ください。