はな便り 第32号 ~秋から冬にかけて~

芋炊き

前日まで降っていた雨もあがり、心地よい秋空の下「いもたき会」を行いました。
手作りの美味しい食事と、普段と違った雰囲気の中で、いつもよりも沢山召し上がられ、楽しい時間を過ごすことができました。

秋祭り

雨が続き、当日の天気も心配されましたが、丁度お神輿が来たときは雨も降らず、太鼓の音に合わせて一生懸命に手をたたき、楽しみました。

運動会

待ちに待った運動会!!「はなの家」と、「ほの家」合同で行われました。
玉入れ、借り物競走、二人三脚、パン食い競争に、熱心に取り組まれ、得点が入る度に手をたたいて大喜びされていました。
さあ~ 優勝はどっち?紅組? 白組?

避難訓練

松山市の防災センターに行ってきました。AEDを使って体験している所を見せて頂きました。
起震車に乗ったり、煙体験ブースに入ったり、火が出ている映像に向かって実際に消火器で水をかけたり、貴重な体験となりました。

桃ユニットの体操

は~い 皆さ~ん
両足しっかり挙げて~
まだまだ~ 頑張って~

♪梅 桃 桜 合同喫茶

メニューを見ながら、ご自分のお好きなデザートや飲み物を決めて頂きました。
普段とは違う空間やお洒落な器に、「喫茶店に来たみたい」ととても喜んで頂きました。
他階の方との会話も弾み楽しいひとときとなりました。

おもちつき

今年も皆さんと一緒にお餅つきを行いました。
「よいしょ~よいしょ~」
かけ声に合わせて一生懸命お餅をついて下さいました。
「はよ丸めな 硬なるよ~」「昔は、よぅ作りよったんよ」
笑顔いっぱいで とても楽しんで頂けました。
お正月にお雑煮を作って頂きました。

クリスマス会

今年は利用者様と一緒にクリスマスケーキを作り、トナカイとサンタクロースに扮した職員の踊りで賑やかなクリスマス会になりました。

賀正

新年、明けましておめでとうございます。
お正月は、おせち料理やお雑煮を食べて、毎年恒例の書き初めをしました。
今年も、明るく楽しく、皆さんが穏やかな心地よい生活が送れますようにと願いを込めて、一年の良いスタートをきることができました。

節分

どうじゃぁ~!!恐いじゃろ~!!
豆、投げてみんかい!
わしゃぁ、逃げ脚早いでえ~

はなの家のご飯が美味しくて私は幸せです 2階 梅 菊池仁美

介護の世界を通して周囲に目を向ける力を養うことができ、私もいろいろと思うことがあります。想像以上に最近の高齢者は若いなぁ!と。
定年制度も年金受給年齢も上がる中、元気な70代に就労支援を行うシルバー人材センターの活用を厚生労働省も推進しています。
中でも非常に驚いたのが昨年12月に84歳を迎えられた天皇陛下のご活動です。平日のみならず日曜日にもご公務をされ、週5~6日連続ご公務です。(宮内庁のホームページにて確認することができます。)自身の世話すら十分にできていない私には、国民を思い若者に劣らず精力的にご活動される天皇陛下に頭が上がりません。私は何の話をしているのでしょうか?(笑)
そしてよく言われるのが、昔は「オバタリアン」今は「美魔女」です。思い返してみても20年前の60代は、ふわふわくるくるパーマの頭に割烹着の似合ういかにも!なおばあちゃんという方が多かったと思います。時代や価値観の移り変わりとともに、同じ60代でも20年前と今とでは大きく変わったことを実感いたします。
以前読んだとある高齢者施設の事例の記事では、おしゃれをして入居者様の認知症の進行が遅れたという内容です。一人のハンサムな男性入居者様と仲良くなりたい女性入居者様がおしゃれに気を付けたところ、皆さんも恥ずかしくないようにとおしゃれを通して活動性が上がったのがきっかけだそうです。
事実仕事や他者との交流という、場に即した身だしなみに整えることは認知症予防に効果があるとされています。ただの自己満足とも言われがちなおしゃれですが、侮れぬ生活の一部おしゃれです!
日頃からはなの家の入居者様も皆さん若いなぁ!と思います。髪が白くても車椅子に乗っていようとも、お元気なお姿と笑顔が若さの秘訣です。そこに私は家事と言う名のお仕事と、洋服などの身なりを整えるお手伝いをさせていただき若々しさを盛りつけていく所存です。

編集後記

今年は、大寒波の影響で大変な被害に見舞われた日本列島となりました。
野菜の値もなかなか下がらず、いつになれば買い求めやすい時期が訪れるでしょう…
そんな中、平昌オリンピックでは、いくつものメダル獲得で沢山の感動を与えて頂きましたね。
少しずつ春の訪れを感じられる季節にもなり、はなの家でも又、沢山の笑顔と感動でいっぱいの楽しい日々を過ごして参りたいと思っております。

関連記事

  1. はなの家 2017年秋から冬の行事

  2. はなの家 2017年春から秋の行事

  3. はな便り 第33号 ~春から秋にかけて~